高卒者の就職に向けてのアドバイス

 高卒者は短大卒や大卒と比べて大企業からの募集は少なく、給与面でも低いというハンデがあります。しかしその分美容師や料理人、大工など技能を身につけられる職種からの求人が多く、将来なりたいものがある人にとっては大学に通う時間を現場で有意義に過ごすことができるのです。高卒で就職をしようと思っているのなら、中学の段階で将来的なビジョンを決めておくと良いでしょう。

 

 例えば高校を卒業するだけで簿記一級の資格が取れたりするところもあります。工業高校を出てメーカーに就職し、専門の技術を身につけて世界的に成功するという人もいます。自分の技術と才能で生計を立てて行こうと思う人ならば、高卒でもハンデを感じることはないのです。

 

 しかし中には普通科の高校へ進学したものの、やはり大学へは進学せずに卒業後に就職することになる人もいます。そこで中小企業での事務や接客業はどうしても性格的に合わないと感じた時には、再び大学に通うという選択肢もあるのです。有名大学でも夜間の部を設けているところがあり、昼間仕事をしながら大学を卒業するという方法です。

 

 二部を卒業することにより、その大学卒と同じ扱いにしてくれる企業もあります。大学内の就職課を利用することにより、良い転職先を見つけることもできるかも知れません。「高卒」という呼ばれ方が好きではない人、まだまだこれから自分の可能性を伸ばしたい人は、諦めずに自分の力で大学に通うことも考えてみては如何でしょうか。