面接のために企業を訪れる時間

 転職のための面接を受けるためには当然のことながらその企業を訪れる必要があります。そして企業をいつ訪れるかは自分が常識のある人であることをアピールする機会となります。流れとしてはいつ面接が行われるのかが企業側から知らされ、転職希望者はその時間よりも前に到着している必要があります。

 

 しかしあまりに早く到着してしまうと企業側に迷惑がかかることがあります。たいていの場合、面接官は企業の人事部で仕事をしています。そして面接が行われる前まで自分の仕事を行っているわけです。そのため転職希望者があまりにも早く到着すると、面接官の予定が狂ってしまうことがあります。また面接を行う会議室などが使用されており、転職希望者が待機する場所を確保するために忙しくしなければならないという事態も生じえます。そのためできるなら面接の5分から10分前に到着するようにするなら、自分が常識人であることをアピールできます。

 

正直に答える

 面接官から「このような仕事はできますか」とか「この点に関する知識は持ち合わせていますか」といったような質問がなされることがあります。もしこれらの答えがノーである場合、正直に答える必要があります。採用されるためによい印象を残したいという思いが強くなるのはわかりますが、ノーということで自分が正直な人間であることを知ってもらうことができます。

 

 履歴書には自分が得ている知識や経験がしっかりと書かれているために、面接官はこのときのやり取りだけで転職希望者のスキルやポテンシャルを判断するわけではありません。そのため正直に答えることが採用に向けてプラスに働くことも多々あるのです。

常識のある人という印象を与えて高評価を得る関連ページ

転職時はインターネットが役に立つ
転職前の現職の上司への説明について