バブル期までの日本では、企業は社員をリストラしなくて、安定している企業は多かったので、定年まで生活の基盤が安定していたのです。現在においては、企業における環境の変化の速さがあるので、グローバルの競争社会において、企業が競争に勝ち抜いていく社会となったのです。大切な事は、基本的にどこかの企業に入社して、運営が旬である時に実力を蓄えておく事です。

 

 長年にわたって、学校卒業したらほとんどの人が就職するという考えが当たり前であったが、仕事が折り合わない事やリストラなどで、理想の求人を探している人が多いのです。最近の学生は、安定志向にこだわっていて、定年まで生活が安定する企業を優先して選ぶ傾向にあるが、必ずしも数十年先まで同じ会社が運営しているとは限らないことを頭に入れながら就職活動を行います。つまり、安定をしている会社は数十年先も安定しているとは限らないのです。

 

 現在は、仕事が潤沢にある時代ではないので、少々体力的にもきつい仕事を選んでも良いのです。まずは生活の基盤を整える事が先決で、給与の面や雇用形態の面などで既卒の人が求人の候補を選り好みしている傾向もあります。

 

【参考サイトのご紹介】
既卒の就職の方法
既卒の方におすすめの就活情報が満載!

 

 しかし、自分の努力と結果次第で、求人票に書いてある給料は変化するのです。つまり、仕事に入る前の応募者はほとんどが同じ能力なので、仕事ができる人は就職して実力をつけているのです。つまり、まずはどんな職種でも良いので、理想の求人を追い求めないことが重要です。